人材派遣業における業務について考えてみよう。正社員やアルバイト・パートとは違った雇用形態だ。

大変?楽チン?派遣で働く人達の日々

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

MENU
大変?楽チン?派遣で働く人達の日々

人材派遣業の業務とは

人材派遣業とは、労働者を派遣スタッフとして人材派遣業者に登録してもらい、条件などによって異なる勤務先を与える業務である。雇用形態としては、契約社員やアルバイト・パート(準社員)と同様、非正規雇用となる。

人材派遣業に登録されているスタッフは、通常は派遣社員と呼ばれる。人材派遣のメカニズムとしては、まずは労働者が派遣元企業に派遣スタッフとして登録し、派遣元企業はそのスタッフの条件に適した勤務先を派遣先企業として就業させる。

派遣元企業と派遣先企業は労働契約を、派遣元企業と労働者は雇用契約を、そして派遣先企業と労働者は指揮命令関係を持つこととなる。このように、全部で3つの関係ができ、さながら三角関係のような構図となる。他の雇用形態とは異なり、直接雇用ではないため、雇用形態の中でもかなり特殊なものとなっている。例えるならば、労働者と言う商品が派遣元企業と言う店に売られており、それを派遣先企業と言う客が購入するようなものだ。また、給与は一般的には時給制が多く、時給自体は普通のアルバイト・パートよりは総じて高めの場合が多い。労働条件も基本的には派遣先企業に合わせる形のケースがほとんどだ。ただし、他のどの雇用形態にも言えることだが、派遣労働者は派遣先企業にとって不必要だと判断された場合、契約を解除されることもあり、100パーセント働きやすいとは言えないのだ。特にこのご時世では雇用形態問わず採用が難しくなっているので、簡単に採用されるであろうと言った考えは一切持たずに望んで欲しいところだ。

おすすめ情報

Copyright (C)2018大変?楽チン?派遣で働く人達の日々.All rights reserved.